会社案内

HOME» 会社案内 »蜂駆除料金表

会社案内

蜂駆除料金表

蜂駆除の料金目安

蜂駆除にかかる料金の算出の目安にお役立てください。作業前に状況によりはっきりとした料金をご提示します。

 
安心してご依頼いただくために

 三貴工業ではわかりやすい価格設定を目指しています。 駆除を頼んだら最終的には法外な値段を請求されたという話も蜂駆除のトラブルとして聞きます。 そんなお客様の不安を払拭し、安心して三貴工業に蜂駆除のご依頼をいただけるように、簡単でわかりやすい三貴工業の蜂駆除にかかる料金の算出方法をご紹介いたします。

状況や作業場所等に応じて価格がこの目安より安くなったり高くなったりすることがありますが、必ずお支払いいただく料金に納得していただいてから作業をいたしますのでご安心ください。

 
料金のうちわけ(表示料金は全て税抜きになります)
 
基本料金

厳しい条件や難しい条件でなければこの基本料金だけで蜂の駆除が可能です。オオスズメバチのみ巣の大きさに関係なく同じ料金で、その他の蜂は巣の大きさによって料金が変わります。(基本料金の項目は下記の1つだけです)

アシナガバチ
巣の大きさに関係なし
 
¥10,000
スズメバチ(除去する巣の大きさ)
10cm以内
 
¥15,000
10cm〜50cm
 
¥19,000
オオスズメバチ
巣の大きさに関係なし
 
¥35,000~
条件加算料金

基本料金の項目にない、駆除するのにに難易度や危険度のが高い案件や、閉所、高所、特殊な場所などの巣の撤去には料金が加算されることがあります。こちらも内容と料金にご納得いただいてから作業いたします。

巣の条件や個数
50cm以上の巣
 
+¥3,000
巣の数
1つ追加ごとに
 
+¥5,000
場所
屋根裏
 
+¥10,000
2階などの高所
(3〜5M以内)
 
+¥3,000〜
エアコン・通気口
 
+¥3,000〜
※5M以上、床下、壁の中など
 
▶調査後料金要見積
その他加算料金(必ずお読みください)

《オオスズメバチの駆除について》

オオスズメバチは地下に巣を作る事が多く、蜂の出入り口を目視し大体の予想を立て、主にスコップで掘り起こしていきます。ほとんどの場合は木の根元に巣を作りますので、防護服を着用しての作業は困難を極めます。また、長時間の作業はサウナスーツと変わりない構造のため体力的に無理ですので、休憩をとりながらでも半日の作業が限界かと思われます。さらに、オオスズメバチは巣が蜂の出入り口から離れていたり、深かったり、特定が困難な確率が高いです。ですので、オオスズメバチの駆除には数日を要する場合が多々あります。数日を要しても巣を特定できない場合は小型の重機を使用する場合もあります。これらの事からオオスズメバチの駆除に関しては提示している代金では収まらない事が多い事を認識した上での発注をお願い致します。追加料金等はその都度提示させていただき了解を得ながら作業を進めます。

《薬剤の使用について》

蜂の駆除にあたり、家の構造上、巣にたどり着けない場合があります。巣を撤去する事が困難だと判断した場合、蜂の出入り口より通常の数倍の殺虫剤を使用する事になります。その場合、作業時間だけでなく、殺虫剤も多く使用することになりますので、別途追加料金が発生致します。その際の料金等もその都度提示させていただき了解を得ながら作業を進めます。

《空き巣(古い巣)の駆除について》

駆除する巣の近くにあり、ついでに駆除する場合 1個までサービス 2個目から3,000円いただきます。 古い巣だけの場合1万円~ 2個以上3,000円追加(高所でも同料金、屋根裏は要相談)

《天井裏等の作業について》

天井裏にて作業を行う際に点検口などがなく、天井を破らなければ駆除できない場合があります(吊天井の場合も不可)また、壁の中あるいは屋根(ひさしの中)もめぼしをつけ取り壊さなければならない場合があります(狙いを定め作業スペースを確保しても まれに巣が見つからない場合があります)その場合、当日の作業終了後に蜂が家の中に侵入しないよう応急処置を施し、本復旧(大工さんに頼んで)は後日となり別途費用もかかります。

《天井や壁等の復旧ついて》

天井や壁等を破る作業(巣が見つからないにおいても蜂駆除の有無を問わず)行った場合の復旧については、施主様の知り合いの大工さんに頼んでいただくのが一番良いと思いますが、知り合いがいない場合は私共が紹介することになります、事の大小に変わりなくその費用は別途加算されます。私共としましても、そのような場合非常に心苦しく申し訳ない気持ちなのですが、作業に取り掛かる前に充分な説明をさせていただき、料金等もその都度提示させていただき了解を得ながら作業を進めます事をご理解の程よろしくお願いいたします。

《最後に》

蜂の駆除作業は、非常に危険が伴うとともに大変な暑さとの戦いです。特に蜂が活動する暑い時期に防護服を着用しての作業は尋常ではない暑さだけでなく、通気が悪いため防護服の前は曇り視界が狭くなりますし、平坦な背の届く範囲での駆除は皆無に等しく、多くの場合高所での作業となります。動きづらい防護服での高所作業は非常に危険が伴います。また、密閉された屋根裏などは上記の条件下に加えてより行動が制限される中、蜂が集中して襲ってきます。それは蜂の駆除のプロである私共でさえ何度経験しても怖いものです。実際、私も昨年だけで2度刺され、病院に飛び込みました。蜂の毒に耐性のある人とそうでない人がある様で残念ながら私は後者のようで、刺された夜などは腫れとかゆみで体温が上がりほとんど眠れぬ夜を過ごします。また、顔を刺された時などは器官がふさがりそうになり一晩中氷で冷やさなければならない状態に陥ったりもします。総じてお伝えしたい事は、たまに蜂の駆除作業をテレビ等で面白可笑しく編集している場合がありますが、現実は非常に危険が伴うだけでなく、最悪の場合作業において死に至ることもあり、ストレスが大きく体力の消耗も激しく心身共に疲弊します。ネットを見ると多くの蜂駆除業者さんがおられますが、その中でどの業者を選ぶかはお客様の判断になります。ただ言える事は、私共は仕事を請けたからには、プロの蜂駆除業者として精一杯の作業をする事をお約束するとともに、お客様がさんきに頼んで良かったと思っていただけるように、誠意と熱意を持って邁進してまいります。

さんきは地域密着型
お困り解決のプロ!
ハチの駆除も
お気軽にご用命下さい。
 
 
 
 
 
 
2019/05/17

さん吉ブログ

新規テーマ

新規テーマ2

※ページ作成中

管理画面